2006年01月08日

岡豊山

山登り日:2006.1.8  高知県南国市  −−>地図

岡豊山は、高知平野のほぼ中央北部、標高97mの丘陵です。
岡豊山には高知県立歴史民族資料館があり、土佐の原始・古代、中世、近代の歴史を見ることができます。長宗我部元親、山内一豊、坂本龍馬など・・・
ちょうど、この歴史館で伊能忠敬が測量隊と全国を測量し作成した日本地図の四国部分の19枚の展示がされていたので行ってきました。
現在の測量機器を使っても私にはこのような地図を作成することはできません。よくぞこの大事業を成し遂げたものだと驚くばかりでした。

撮影禁止につきホームページでご覧ください。
−−>高知歴史民族資料館のホームページ

人気blogランキング クリックお願いします。

岡豊山



















岡豊山の南を流れる国分川沿いから見た岡豊山、建物が歴史民族資料館

岡豊山2



















歴史民俗資料館です。

岡豊山3


























展示室の入り口に坂本龍馬様、ここだけは撮影可能です。左右に並んで一緒に撮影するようになってます。

岡豊山5



















この岡豊山には、四国を平定した長宗我部氏の居城として知られる岡豊城跡があります。

岡豊山6



















 

岡豊山からの眺望(中央の林部分は四国八十八ケ所29番札所国分寺)

岡豊山4



















この民家は、四万十川の上流、東津野村北川から移築した山村民家だそうです。この他にも、散策コースになっていていろいろと見所があります。特に、春の桜の時期が素晴らしいと思います。高知に訪問の折には是非寄ってみてください。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/se1955/50322025
この記事へのコメント
私の山歩きも標高にこだわらずやっています。
里山の良さをいろんな面から発見していくのも
楽しいですよね。
ずいぶん勉強にもなりそうなところなので、
私も高知に行ったときにはぜひ立ち寄ってみたいと
思いました。
Posted by ミスターO at 2006年01月08日 21:16
伊能忠敬には前から興味がありました
江戸後期の時代、中年になってから学問を始めて、ヨーロッパ人も驚くような正確な地図を作成するようになった人とのことです
なかなか見習えないですよね
伊能図は東京の国立博物館の展示で数年前に見ました
沖ノ島や県内の興津など津々浦々迄細かく描かれており、忠敬が実際に高知県を良く歩いていたものだと感心した記憶があります
また、千葉県佐原の忠敬の生家のある町にも行きましたが、利根川河口近くの水運の拠点都市として栄えた歴史がそのまま残っており、忠敬の書斎などとともに、歴史的な建物も良く保存されていてとても感激した記憶があります
佐原は良いところですので、遠いところですが機会があれば一度行ってみてください
Posted by 土佐中年日記 at 2006年01月08日 21:57
伊能忠敬の生家は九十九里でした
佐原の伊能家へ養子に行っていましたので、間違っていました
http://www.99beach.com/kankoh/list/area3_inou.html
Posted by 土佐中年日記 at 2006年01月08日 22:02
里山 いいですね。特に在住地域の里山は。
今年はまだ歩いていませんが 私の地域にも400mクラスの里山があり市内が一望でき 気に入りです。

伊能忠敬や間宮林蔵はすごいですよね。 昔の人は地図だけでなく大きな石像をとんでもない所に築いたり驚きのことが多いです。 近年のことですが山の標高測量ですら感心のかぎりです。
国分寺も確認しました。今年は行くぞ !!
今年もよろしくです。
Posted by タマ at 2006年01月09日 10:13
里山 いいですね。特に在住地域の里山は。
今年はまだ歩いていませんが 私の地域にも400mクラスの里山があり市内が一望でき 気に入りです。

伊能忠敬や間宮林蔵はすごいですよね。 昔の人は地図だけでなく大きな石像をとんでもない所に築いたり驚きです。 近年ですが山の標高ですら感心のかぎりです。
国分寺も確認しました。今年は行くぞ !!
今年もよろしくです。
Posted by タマ at 2006年01月09日 10:27
ミスター0さん
タマちゃん
里山、新たな発見もあり本当に良いですよね。
案外、地元のことって知らないことがあるものですね。
今年は地元の里山も歩いてみたいと思います。

土佐中年日記さん
いろいろと教えていただいてありがとうございます。
半円方位盤や量程車も展示されてました。
機会があれば九十九里にもいってみたいと思います。


Posted by se1955 at 2006年01月09日 15:24
 最近、こちらのブログにくると
ハイキング、軽登山、ドライブ、観光、里山トレ
ぜ〜んぶ、ひっくるめたよーな
新しい分野って感じます。
そんな自然との楽しみ方って、
実はかなり良いかも!って思えてきてます。
Posted by クボえり at 2006年01月09日 23:24
クボえりさん、こんばんは。
結構、身近なところに見所はあるものです。
これが、田舎の良さでしょうか。
ここのところ、
山に登ってませんのでウズウズしてます。
Posted by se1955 at 2006年01月10日 22:29
今年もよろしくおねがいします!
岡豊山からの眺めって和歌山の
紀伊風土記の丘にとてもよく似ています。
古い民家が再現されているのも同じです。
こういうところをのんびり歩くのも
楽しいんですよね、新しい発見があったりして。
Posted by blueeyedsoul at 2006年01月11日 00:47
soulさん、こんばんは。
紀伊風土記の丘って、資料館があって雰囲気が非常に似ているようですね。紀伊風土記の丘も今の時期は寒いと思いますが、桜の時期などにのんびりと移築民家や古墳を眺めながら散策する。。最高でしょうね。
今年もよろしくお願いします。
Posted by se1955 at 2006年01月11日 23:08
岡豊山からの眺望で思い出したのはse1955さんの庭前・・広大なる田んぼ?
です。ひょつとして自宅から岡豊山が見えるのでは・・とにかく自然があっ
て良いですね。

昨晩『四季の里』のHPを更新しました。富士山の「赤富士出現!」や高知で
登った「山登山」等々の17項目を更新しましたので、暇をみてボチボチと
見て下さい。 まずは連絡まで。
Posted by おつえ at 2006年01月13日 16:41
おつえさん
おっしゃるとおり自宅から岡豊山が見えます。
以前投稿した「雪降ってます」の自宅庭の写真の左上部に見えるのが岡豊山です。自然が沢山残ってます田舎です。
おつえさんのHP見せていただきました。
日曜市のイモ天、ゴボ天にまず行くところなんか、通ですね。
もしかしたら私よりも詳しかったりしますね。
もちろん「おひろめ市場」にも行ったんですよね。
高知の山々もお天気が良ければもっと楽しめたのに残念でしたね!!
白髪山の古木なんかは、おつえさんの趣味にピッタリ!!

Posted by se1955 at 2006年01月14日 19:30
おつえさん。岡豊の私の実家はその広大な田んぼの一角にあります。今は仕事の関係でアメリカに住んでます。私の家は中島というところですので、南側から国分川の沈下橋をあるき、岡豊山の南からあるいていったものです。弁当もって遊山でした。歴史資料館ができ、えらくきれいになっている岡豊山。そういえば私の姉によると、岡豊山の上にある祠にさびてはいましたが、刀が奉納されていたそうです。
Posted by MB at 2008年06月22日 16:48