2006年05月31日

ホタル

最近は、ホタルを見かけることも少なくなりました。少し早く帰ってきたので、自宅の前の田圃でホタルを探して見ました。まったくホタルの飛んでる様子はありません。高知の田舎でも、川はほとんど3面がセメント化しておりホタルの餌であるカワニナの住める環境がなくなったことが原因でしょう。
500mほどのところに国分寺(四国八十八ケ所)がありますが、そこの裏手に昔ながらのジャリ底の川が50mほどあります。そこに行ってみると、20〜30匹ほどのホタルが飛んでいました。住める環境があるところには住んでいるものですね。子供の頃は、川面が明るくなるくらいのホタルがいたものですが、残念でなりません。
失われた自然はなかなか回復しないものです。

人気blogランキング クリックお願いします。

暗くてピントがあってませんが、ゲンジボタルだと思います。
ホタル


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/se1955/50593019
この記事へのコメント
まいどです!
ホント護岸工事をしていない河川を探す方が
難しいぐらいですよね。
和歌山のような田舎でもだんだん見れるところが
非常に少なくなっています。
壊れてから気がついても遅いんですよねぇ。
Posted by blueeyedsoul at 2006年05月31日 22:31
soulさん、まいどです。
おっしゃるとおり壊れてからでは遅いですよね。
いくら便利になっても自然に勝る贅沢はないと思っています。
頑張って自然を満喫しましょう。

Posted by se1955 at 2006年05月31日 22:54
こんにちは。
私は30年ほど前に京都の西賀茂というところに住んでいたのですが、そ
ばを賀茂川が流れており、その上流へ足を運ぶと川面を数百の蛍が乱舞し
ていたのを鮮明に記憶しています。川面にその光が映りそれはすばらしい
光景でした。もう一度見たいと思い、5年ほど前に同じ場所に行ってみた
のですが、護岸工事がされておりあの日本の原風景はすっかり姿を変えて
しまっていました。
それでも2匹の蛍を見つけることはできましたが、私の前を飛ぶ蛍が怒って
いるように感じてしまいました。本当に残念なことです。日本人は自然と
共存してきたはずなのに、西洋文化の影響でしょうか?いつの間にか自然
を征服しようとしているように感じます。畏れを知らないというか、傲慢
というか・・・。自戒です。 (^_^;)
Posted by みう at 2006年06月01日 13:11
みうさん、こんばんは。
加茂川でホタルが乱舞ですか。見てみたいですね〜。でも今となっては無理ですよね。
この日本にホタルが乱舞できるような場所が残っているのでしょうか。
残っていたとしても、すぐに見物客が押しかけるでしょう、そっとしておきたいものです。

今では、自然を満喫できる場所も少なくなってきました。
精出して山登りして自然を楽しみたいと思います。
みうさんも頑張って!!
Posted by se1955 at 2006年06月03日 20:31