2006年07月16日

矢筈山

山登り日:2006.7.15 高知県物部村  標高:1606m

久しぶりに良いお天気になりました。昨日は飲み会で遅かったので、朝起きたら7時40分。急いで準備をして矢筈山に登りに行きました。登山口の駐車場には車なし。雨続きでしたので登山客はなし、一番乗りでした。登山口には「熊注意」の看板と熊よけの鈴がおいてありました。親子連れの熊が出没しているとのこと。少し不安ではありましたが、周囲に注意しながら登ることにしました。ここのところの雨で、登山道は少しすべるところや、深く削り取られたところも有りましたが、特に危ないところもなく頂上まで1時間くらいでした。いつものとおり、頂上でカップラーメンと田舎寿司を食べながらくつろぎました。

久々の山登りを満喫しました。

人気blogランキング クリックお願いします。

yahazu1

















小檜曽山(こびそやま)方面。
yahazu2

















登山道脇には、たくさんの山野草が咲いていました。

pano

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/se1955/50658362
この記事へのコメント
まいどです!
とってもいい景色です。
「熊注意」の看板があると少しビビリますよね。
遭遇しなくて何よりです。
熊よけの鈴を置いてくれているのがいいですねぇ。
Posted by blueeyedsoul at 2006年07月17日 07:05
soulさん、まいどです。
毎日、暑い日が続いています。昨日は高知市で37.1度とのこと。これからが夏本番ですね。
久々に登ってきました。
最近、「熊注意」の看板がアチコチにあります。
遭遇するとは思っていませんが、油断大敵です。
熊よけの鈴も買おうかと思っています。
シカ、タヌキ、サル、リスには出会ったことありますが、
さすがに熊には出会ったことありませんし、会いたくないですね。

Posted by se1955 at 2006年07月17日 13:37
今年3回目の矢筈山では・・・山が・・ラーメンと寿司が手招きする見たい
ですね。ラーメンを食べるには水とバーナー?が・・勿論荷上げですよね。
でも山頂でラーメンが食べられるなんてこんな楽しい事はないと思います。
私は車のライターソケットで沸かすポットで、お湯を沸かして楽しんでいま
す。しかし車内または車周囲でしか楽しめませんがこれでも結構良好です。

これから益々の夏本番です。暑さ対策を万全にして楽しんで下さい。
Posted by おつえ at 2006年07月19日 21:33
おつえさん、お久しぶりです。
お天気の良い日に、山頂での昼食は最高ですね。
ラーメンは、お湯をポットに入れて持っていってます。
以前は、水とバーナーでしたが、山頂では沸きにくくて。
ラーメンは、カップラーメンのSEA FOOD と決めています。
それと田舎寿司(コンニャク、タケノコ、イナリなど)です。
次は別のものを買おうと思うのですが、いつも同じものを
買ってしまいます。
おつえさんのHP時々拝見させていただいてます。
いつ見ても凄いセッコクと庭ですね。
私もセッコクの株分けをしたり、せっせと増やしてます。
おつえさんは、最近山登りしてませんか。
Posted by se1955 at 2006年07月19日 22:34
>最近山登りしてませんか。・・・5月の「西赤石山」以来まだ登って
いません。でも「滝めぐり」等で多少の山道は歩きましたが其の都度
距離は1Km以内・・・もっと歩かなければと反省しています。

最近こちらの四季の里へ「タヌキ」が来訪中です。写真を撮りました
のでメールで送ります。見て下さい。
Posted by おつえ at 2006年07月20日 19:46
おつえさん、こんばんは。
写真ありがとうございます。
タヌキが出没するということは、おつえさんの家は、
山の近くにあるのですか。
猿は近くの山で撮影したのですか。
私も一度だけ山登り途中に猿に出会いましたが、
写真に納めることはできませんでした。
自然を感じますね。
Posted by se1955 at 2006年07月20日 23:29
旧物部村の山々には熊が出るようですね
リュックにはいつも鈴をつけて登っているのですが、大きい音のする鈴に変えなければと思います
もう少し体調が回復したら山登りを再開します
Posted by 土佐中年日記 at 2006年07月27日 09:45
土佐中年日記さん、こんにちは。
しばらくHPの更新が無いのでどうしたことかと
思っておりました。早く体力を回復して山登り日記を
待ってます。しかし、毎日暑いですね・・・
Posted by se1955 at 2006年07月30日 12:05