2006年09月09日

利き鮎会

本日、高知の老舗城西館において弟9回利き鮎会が開催されました。
北は北海道、南は九州宮崎、熊本、ご当地高知県からは11河川、
全国47河川から2881匹の鮎(当然天然です)が一同に集まりました。

人気blogランキング クリックお願いします。

ayu0

































その場で塩焼きされた鮎。
ayu02

















各テーブルに並べられた鮎を前にして、皆さん一機に味見のスタート。
ayu01

















この催しは、毎年9月に開催されています。
会の趣旨は、鮎を食しながら自然を見直すことにあります。
清流河川のバロメータは、その河川に鮎が生息できるかどうかが
一つの基準になります。我々の身近な河川では、鮎が姿を消して
しまった河川が多いですね。その大きな原因は、山河の環境破壊に
よるところが大きいです。我々が快適な生活を営むためには仕方の
ないこととはいえ、太古の昔から山河を拠点に生活をしてきたことを
考えると、これ以上の環境悪化は後世に大きな汚点を残すことに
なります。環境に優しい活動(COOL BIZなど)を皆で意識して行い
たいものです。
当然来年も開催される予定です。
参加されてみたい方は、連絡ください。来年ご案内します。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/se1955/50728387
この記事へのコメント
まいどです!
天然物などめったに口に出来ない私などが
利き鮎などに参加したら、どれを食べても
「うまい!」以外ないような気がします。(笑)
川や海を汚さないように気をつけていても
洗剤の成分など生活廃水で汚染させているんですよね。
全ての人がヤバイ成分を把握し、化学製品等を
見直さない限り浄化するのは難しいようです。
Posted by blueeyedsoul at 2006年09月10日 11:53
soulさん、まいどです。
和歌山県からも毎年いくつかの川の鮎が参加しています。
どれも美味しいですね〜。
しかし、この美味しい川の恵みが毎年少なくなっているのと
味が落ちているようです。残念なことです。
大切な自然を守りましょう。



Posted by se1955 at 2006年09月10日 18:37
こんにちは。
私の実家からは、仁淀川、鏡川が近場なんですが、鏡川でまだ鮎が釣れるん
ですね。高知にいた頃は、よく父が釣りに行っていましたが、以前帰省した
ときに見た鏡川は護岸工事がなされ、もう鮎は釣れないんじゃないかと思っ
ていました。
子供の頃は、宗安寺あたりに泳ぎに行ってターザンの真似をしたもので
すが、水もその頃から比べると随分汚れたように感じていました。
Posted by みう at 2006年09月13日 13:49
みうさん、こんばんは。
鏡川では鮎釣れます。
今年は、物部川の鮎が釣れてません。
最近の大雨で上流の山肌(三嶺あたり?)が崩壊して土砂が流れ込み
鮎の餌であるコケが育たないようです。
毎年沢山の鮎がきますが、今年は物部川からは鮎がきませんでした。
自然が少しづつ無くなってます。残念です。
Posted by se1955 at 2006年09月15日 23:51