2006年10月09日

目高森

山登り日:2006.10.9 高知県芸西村  標高:755m

めざす目高森の登山口は長者が森に立つNTTのパラボラアンテナの南東にあると言う。国道55号線を手結まで行って左折、県道安芸物部線(県道51号)を北上し林道仲木屋線に入ってから4Kmの所にあった。県道55号線から約23kmの距離であるが、道中、軽乗用車でもすれ違いに難儀するほどの狭い道で、谷側はガードレールが無いところもあり超慎重な運転を要す。標識も少ないので何度も間違えて2時間ほどかかって登山口に着いた。

人気blogランキング クリックお願いします。

medaka1

















登山口からヒノキ植林の中を進み、数分行くと伐採地になり北側の視界が開けて、天狗塚や西熊山が見える。

medaka2

















伐採跡から少し行くと山道にはアカマツが目立ちはじめる。立木に警告の看板「この附道の山林に自生する山芋、きのこ等植物の採取を禁ず」
不心得なものがいるのでしょうか。残念です。
倒れた松の木にキノコが・・・

medaka4

















アカマツとマツボックリ。

medaka5


























まもなく今度は右手に伐採跡が現れ、南側の視界が開ける。遠く高知市街まで見える。

medaka3

















それからヒノキの植林に入ったところで、ふくらはぎに異常が・・・
まだ頂上までは、30〜40分位かかりそうなので、無理せず引き返す。
残念。

【タイムチャート】
08:45 自宅出発
09:20 国道55号−−>県道51号へ
10:40 登山口到着、準備をして出発
11:10 足に異常、引き返す
11:30 見晴らしの良いところで昼食、休憩
12:00 写真を撮影しながら下山、登山口到着
14:00 自宅到着


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/se1955/50764864
この記事へのコメント
その後の体調は如何がですか・・・無理をしないは賢明なる判断だと思います。だって直ぐ其処に山が沢山あって何時でもどうぞ! 羨ましいです。写真も2枚目と三枚目に見入りました。天気の良い日に登山をしないとダメですね。

此方は10/8長野の木曽駒ケ岳へバスツァーに参加して行って来ました。でも標高2750m付近で登山ガイドさんより『これ以上はケガ人が出ますのでここで登山は断念します。』の指示が出て止む無く下山となりました。気温は2℃でしたが稜線に出ればマイナスと言っていました。撤退理由は山道の氷結で周囲は一面霧氷の中を登山をしていたのです。帰宅をして見ると北アルプスでの遭難事故が報道されており、登山ガイドさんの判断に感謝をしているところです。・・・後でHPにUPしますので見て下さい。
Posted by おつえ at 2006年10月10日 15:13
足の具合はどうですか?
山頂手前で撤退しなければならないのはつらいですね。
いい展望が望めたから少しは納得がいくんじゃないですか?
きつい登りばかりで展望なしだとツライでしょうが。
自力で戻ってこれたのも的確な判断をされたからでしょう。
単独での行動は一歩間違えると怖いことがありますよね。
Posted by blueeyedsoul at 2006年10月11日 01:52
おつえさん
初心者には無理は禁物です。
特にこれから冬場にかけては、慎重にならないといけませんね。
今日がダメでも山は逃げませんよね。
木曾駒ケ岳のガイドさんは素晴らしいです。断念しますとは言いにくいものです。詳細がUPされるのを待ってます。

Posted by se1955 at 2006年10月13日 12:06
soulさん、まいどです。
足の具合は、シップを貼ってやっと普通に歩けるようになりました。
今度の土日の山登りは無理のようですが・・・
初心者ですので、無理せずにのんびりと登ります。
私の場合、単独もしくは子供と2人で登っていますので、
できるだけ2人で登ろうと思っています。
Posted by se1955 at 2006年10月13日 13:30