2005年11月19日

樹氷

山登り日:2005.11.19   高知県いの町/瓶が森林道 沿い

休みの日は、朝早く目が覚める。お天気良し。笹ヶ峰に登ることにした。

7時20分に出発。南国IC〜大豊ICを下りると空模様が怪しい。
ポツポツと雨も落ちてきた。が、ここまで来たので登山口まで行くことにした。
早明浦ダム〜R194を経由して寒風山登山口へ。すでに30〜40台の車が。
昨晩あたり雨が降ったのでしょうか、道も濡れている。出発時は天気が
良かったので雨具を持ってきてないので、寒風山経由笹ヶ峰はあきらめて、
瓶が森林道沿いへ樹氷を見に行くことにした。林道を3〜4km走ると、
道路も所々、雪、アイスバーン状態、ガスも出てきて視界10m位となる。
伊予富士の登山口まできたので、1ケ月ほど前に登ったのですが、
登ってみることにした。島根県ナンバーの車が1台駐車中。
島根県からここまで山登りに来るとはツワモノです。

11月末で、瓶が森林道は閉鎖になります。もう一度、天気の良い日に来ようと思う。

人気blogランキング クリックお願いします。

前回、雲海を見た場所に行くと、一面ガス、強風、樹氷でした。
天気が良ければ、最高の樹氷が見れたのですが。。。残念。

樹氷2























伊予富士の山頂までは行けそうにないので、樹氷の写真を撮影して引き返す。

樹氷3























樹氷4























樹氷5























帰り道で撮影しました。

樹氷1























樹氷6
  

Posted by se1955 at 18:01Comments(9)TrackBack(0)

2005年11月01日

紅葉

今年は、素晴らしい紅葉に巡り合っていません。
今までに山登りして撮った紅葉の写真を掲載します。
撮影は、ちょうど2年前の11月です。

人気blogランキング クリックお願いします。

紅葉1
紅葉























紅葉2
紅葉1























紅葉3
紅葉2























紅葉4
紅葉3























紅葉5
紅葉4


  
Posted by se1955 at 20:45Comments(12)TrackBack(0)

2005年10月30日

石鎚山

山登り日:2005.10.30  愛媛県西条市  標高:1982m  地図

石鎚山に登ってきました。
7時に出発。南国IC〜大豊IC〜早明浦ダム〜R194〜瓶が森スーパー林道経由
土小屋登山口へ2時間40分ほどで到着。すでに駐車場は満杯。道路脇に車を止めて
さあ出発。出発時は曇っていた天気も青空が見えてきて絶好の天気となってきた。
沢山の登山客、途中で40〜50名位にあったでしょうか。1時間ほどで「二の鎖」
に着く。ほぼ垂直に50mほどの鎖をつたって登る。足場は少し凍っており、慎重に
登っていく。「三の鎖」は登らずに、登山道を登る。登山口から約1時間40分で
頂上に着いた。すでに約100名位の先客あり。気候も良く、紅葉の季節でもあり
大賑わいである。頂上から天狗岳へ続く尾根道を登り、西日本で最も高い天狗岳の
頂上に着く。少し霞んでいるが、北には瀬戸内海、東には瓶が森、寒風山、笹ヶ峰
が一望できる。絶景である。昼食をとり、山小屋でコーヒーを飲んで暖をとり下山
する。石鎚山の紅葉はすでに見頃を過ぎている。2時に土小屋を後にする。
帰りは、瓶が森スーパー林道を引き返すが、帰宅を急ぐ車で大渋滞。林道の脇は、
紅葉の見頃である。途中、しらさ山荘で「きじラーメン」を食べて帰る。
帰宅後、近くの「黒潮温泉」に浸かって疲れを癒す。

人気blogランキング クリックお願いします。

天狗岳から見た石鎚山頂、ひと・ひと・ひとです。

石鎚山1























西日本で最も高い天狗岳。紅葉は終了。

石鎚山2























「二の鎖」 足場が少し凍っており慎重に登る。

石鎚山3























昨晩は冷え込んだのでしょうか。つららがありました。

石鎚山4























登山道から、瓶が森方面を望む。

石鎚山5























登山道より、石鎚山を望む。

石鎚山6























石鎚山の紅葉は見頃を過ぎてます。瓶が森スーパー林道脇の紅葉。

石鎚山7
  
Posted by se1955 at 22:31Comments(12)TrackBack(0)

2005年10月21日

東黒森

山登り日:2005.10.16  高知県いの町(本川村)  標高:1735m  地図

伊予富士からの下山ルートの途中から20分ほどで東黒森に行く事ができます。
東黒森に寄ってみました。
伊予富士には沢山の登山客がいましたが、こちらの山は5名ほどでした。
頂上から瓶ケ森、笹ヶ峰方面を双眼鏡で覗いてみると山頂には沢山の登山客が
見えました。頂上からの展望は伊予富士と同じく、素晴らしい眺望でした。
これから1ケ月は、瓶ケ森スーパー林道は登山客で渋滞しそうです。

人気blogランキング クリックお願いします。

東黒森1























石鎚山、瓶ケ森、自念子ノ頭方面。

東黒森2























伊予富士、笹ヶ峰方面。

東黒森3

  
Posted by se1955 at 20:50Comments(7)TrackBack(0)

2005年10月16日

伊予富士

山登り日:2005.10.16  高知県いの町(本川村)  標高:1756m  地図

ひさびさに良い天気。台風の影響だろうか、少し風が強かったので簡単に登れる伊予富士に行く事にした。朝8時に出発してガソリン入れて、昼飯を買っ て、村道瓶ケ森コース登山口に着いたのは11時前。心配した風もほとんど無くて絶好の天気になってきた。15分ほど登って尾根に着くとそこは別世界。雲海 となっていました。
TVや写真では見たこと有りましたが、初めて見る雲海にしばし呆然、写真をとりまくりました。山々は紅葉が始まってます。25 分ほどで伊予富士の頂上に着く。頂上には20名ほどの先客。後から後から登山者が入れ替わり立ち代りの状態。50名ほどはいたでしょうか。頂上の見晴らし も絶好の見晴らし。北には雲がかかっていましたが、西条市、しまなみの大橋、かすかに本州、東には、寒風山、笹ヶ峰、冠山、平家平、西には、四国の最高峰 石鎚山、東黒森、瓶ケ森などが一望できた。自然の感動に浸ることができた一日でした。これだから山登りは止められません。

人気blogランキング クリックお願いします。

伊予富士00














 

 

 

 

初めて見る雲海。素晴らしいの一言です。
伊予富士01













 

 

 

 

寒風山、笹ヶ峰方面が一望できました。
伊予富士02













 

 

 

 

石鎚山、瓶ケ森、東黒森方面。
伊予富士03













 

 

 

 

紅葉が始まってます。
伊予富士04

  
Posted by se1955 at 18:14Comments(6)TrackBack(0)

2005年10月02日

冠山

山登り日:2005.10.2  高知県いの町(本川村)  標高:1732m  地図

平家平経由冠山に行ってきた。
前回は、足谷コース登山口から平家平に行ったので、今回は、小麦畝コースから行く事にした。土佐中年日記さんが先日行ってきたとのことでしたので、大体の状況を確認していたので安心していくことができた。大豊ICをおりて県道本川大杉線を走って高藪を標識に従って右折、あとは標識があるので道を間違うことはない。1ケ所先日の台風の影響で路肩が崩れたところがあるので注意を要する。
登山口からは、平家平まで、途中、2ケ所先日の台風の影響で登山道が崩れているが特に問題はない。平家平まで、約2時間。平家平から冠山まで約40分の道程。冠山に着くと3名の先客あり。情報交換をしながら、昼食を取る。リンゴをご馳走になった。30分位して、下山。来たコースを引き返す。天候があまり良くなくて見晴らしが悪かったのが残念であった。また、紅葉には少し早く、10月中旬頃からが見頃か。

人気blogランキング クリックお願いします。

冠山























平家平から冠山方面を望む

冠山1























冠山から平家平方面を望む

冠山2























笹の原が美しい

冠山3























一部紅葉しているが、紅葉の見頃は10月中旬以降でしょう。

冠山4

 

  
Posted by se1955 at 17:39Comments(9)TrackBack(0)

2005年09月25日

笹ヶ峰

山登り日:2005.9.25  高知県大豊町  標高:1016m  地図

平家平経由冠山に行こうと思い出発したが、大豊ICを降りて北の空を見上げると雲が沢山かかっており、また、強風が吹いていたので急遽コースを変更。
笹ヶ峰に登ることにした。
大豊ショッピングプラザで昼食を買って、県道川之江大豊線を北上すること約20分位。笹ヶ峰の立川コース登山口に着く。杉の人工林を少し歩くと楢などの雑木林となる。
この登山コースは、江戸時代後期からの参勤交代道である。(土佐北街道)
登山道の途中にはところどころ石畳の道がわずかに残っており、昔の状況が窺える。約30分で頂上に着く。
頂上は、県境を挟んだ峠であり、「是ヨリ北愛媛県」、「是ヨリ南高知県」と書かれた標柱が立っていた。参勤交代時の土佐領最後の休憩所との立て札もあった。


人気blogランキング クリックお願いします。

笹ヶ峰1























「是ヨリ北愛媛県」、「是ヨリ南高知県」と書かれた標柱
笹ヶ峰2























苔むした巨木
笹ヶ峰21























帰りに、立川番所に寄ってみた。
茅葺の平屋建て書院作りの建物であり、参勤交代の土佐路最後の宿泊所だったそうです。
笹ヶ峰3























重要文化財となっています。
笹ヶ峰4
  
Posted by se1955 at 15:18Comments(6)TrackBack(0)

2005年09月19日

佐々連尾山

山登り日:2005.9.18  高知県本山町  標高:1404.3m  地図
佐々連尾山に登りにいきました。大豊ICから左折して、国道439号線を吉野川
に沿って吉野まで行き、吉野(早明浦ダムの下)から県道坂瀬吉野線(伊予三島方面行き)を汗見川に沿って坂瀬まで行く。七谷川に沿って県道を遡ると林道坂瀬線の入り口に着く。林道坂瀬線コース登山口の入り口であるが、通行止めの標識があったのであきらめて、白髪トンネル南口コース登山口に向かう。県道坂瀬吉野線(伊予三島方面行き)を更に遡って行くと途中で道が崩壊していて通行止めとなっていた。高知県側からはどちらの登山口も通行止めで登山口まで行けない。(昨年の台風で山の斜面が崩壊しており、道路も陥没もしくは土石のために
通行不能状態となっている。)本日の登山はあきらめる。次回、愛媛県側から白髪トンネル南口コース登山口から登ろうと思っている。

人気blogランキング クリックお願いします。

林道坂瀬線コース登山口の入り口より望む佐々連尾山方面

佐々連尾山



















白髪トンネル南口コース手前の道路

佐々連尾山1



















林道坂瀬線コース登山口の入り口

佐々連尾山2
  
Posted by se1955 at 18:22Comments(4)TrackBack(0)

2005年09月03日

杖立山

山登り日:2005.9.3  高知県大豊町  標高:1133.1m  地図
 
杖立山に登ってきました。
自宅(南国市)〜国道32号線〜北側口橋(約20分)
北側口橋を渡って、林道北側線を久寿軒まで行き左折(標識アリ)
あとは、道なりに登山口まで行く。(約15分)
登山口周辺は狭隘で駐車スペースはほとんどない。運転注意。
登山口より杉、檜の人工林の中を約20分登ると、樹齢300年位の大きな松の木が現れる。休憩をとり、更に進むと稜線の鉄塔(四国電力no.106)に着く。コースを左に取り、少し進むと杖立峠に着く。杖立峠にカワラナデシコが咲いていた。峠からは尾根道となる。登山道の両側にはママコナが群生している。少し登ると南側が開けてくる。天気が良ければ太平洋が見えるはずであるが、曇っていたため見えず。
更に進むとれいほくネンチャーハントの標識がある。標識から頂上まで20分くらい。
登山口より約1時間で頂上に着いた。頂上の見晴らしは、曇っていたために良くなかったが、
東に、梶が森が薄っすらと見えた。頂上で昼食、休憩30分、下山した。
 
人気blogランキング クリックお願いします

 
杖立山1

樹齢300年位の大きな「笠松の木」

杖立山2


杖立峠にカワラナデシコが咲いてました。

杖立山3


登山道の両側には、ママコナが群生してました。

杖立山4

  
Posted by se1955 at 16:45Comments(0)TrackBack(1)

2005年08月27日

平家平

山登り日:2005.8.27  高知県いの町/大川村  標高:1692.6m  地図
 
平家平に登ってきました。
そもそも、平家平とは”壇ノ浦の戦いに敗れた平家の落人たちが、安徳天皇を奉じて阿波の祖谷山村から土佐町宮古野へ、そこから吉野川を遡り、現在の平家平に滞在した”ことによるとのこと。(れいほくネイチャーハントガイドブックより)
天気も良く絶好の登山日和。
朝8時前に家を出て、大豊〜早明浦ダム〜県道本川大杉線(17号)〜大橋ダム近くの日ノ浦を右折、林道足谷線〜寒風大座礼西線との合流天まで行くと登山口がある。自宅(南国インターチェンジ近く)より2時間。
早明浦ダムでは、渇水で水位の低下したダムを見るために大勢の方が集まってました。
登山口より、約2時間で頂上に着く。道なりに上って行けば迷うことはなかった。頂上には数名の先客。松山から来たという夫婦連れのかたと、山談義をする。コーヒーをご馳走になりました。頂上で飲むコーヒーは格別の味ですね。
頂上からの眺めは、笹ヶ峰方面にはどういうわけか、雲がかかっており、絶好の眺めとは行きませんでしたが、満足でした。冠山に行こうと思いましたが、秋の紅葉の時期にもう一度、来ようと思いやめました。40〜50分位休憩をとり、下山。途中、山野草の写真を撮影しながら、1時間30分で登山口に戻りました。
 
人気blogランキング クリックお願いします

 
平家平1

寒風山方面、少し雲がかかってました。

平家平2


ササのスロープが素晴らしい。

平家平3


ササの間からバッタが覗いてます。

平家平4


キツリフネの群生がありました。

平家平5

  
Posted by se1955 at 19:34Comments(11)TrackBack(0)

2005年08月15日

筒上山

山登り日:2005.8.14  高知県本川村(いの町)  標高:1859.3m  地図
 
筒上山に登ってきました。
よさこい峠から石鎚スカイライン方面に行き土小屋から登りました。
かなりの車(100台位)がすでに駐車していました。
登山口かたウラジロモミ、ブナ林が続いている。ずっとササ原、ブナ、ミズナラの原生林が続く。
約90分位で手箱越えに着いた。階段状の道を登ると急斜面があり、鎖やロープをつかんで登りつめると、ササ原に出る。ササ原を少し登ると眺望の良い頂上に着く。約2時間。
本日は、天候があまり良くなくて、眺望は良くありませんでした。
20分ほど昼食を取り帰路につく。途中、キレンゲショウマが咲いてたので撮影する。沢山の方が写真撮影をしたのでしょうか。花を踏んだり、むしったり、残念な光景が残ってました。
高知新聞(2005.8.15 本日朝刊の記事)によると、宮尾登美子の「天涯の花」は、剣山を舞台にした小説で、「キレンゲショウマ」を剣山の夏を代表する花とした小説だそうです。剣山には行ったことないので、次回に行ってみようと思います。
 
人気blogランキング クリックお願いします

 
筒上山

見渡す限りのササ原の中、少しガスが出てきました。

筒上山1


約40mの鎖、ロープを署ルんで登る。

筒上山2


ブナ林、ササ原の中を行く。

筒上山3


キレンゲショウマが咲いてました。

筒上山4

  
Posted by se1955 at 11:22Comments(2)TrackBack(0)

2005年08月08日

千本山

山登り日:2005.8.7 高知県馬路村 標高:1084m  地図

千本山の魚梁瀬杉を見に行ってきました。「ごっくん馬路村」で有名な馬路村の北部にあります。

魚梁瀬杉は、秋田杉、吉野杉とともに日本の代表的な杉であり、高知県の「県木」となっています。樹齢200年から300年の杉の巨木が山の名前のとおり千本以上も林立している。
非常に暑い日でしたが、杉の巨木の下までは直射日光もとどかず、涼んできました。

人気blogランキング クリックお願いします

yanasesugi



yanasesugi1

  
Posted by se1955 at 21:20Comments(4)TrackBack(0)

2005年06月26日

大座礼山

山登り日:2005.6.26 高知県大川村 標高:1587.5m  地図

梅雨だというのに雨が降らない。1ケ月ぶりに登ってきました。
四国の水瓶「早明浦ダム」を、ついでに見てみようと大座礼山に行くことにしました。高知新聞で報道されているとおり、梅雨時期だというのに「水瓶に水が無い」。
大川村では、「早明浦ダム」の建設時に水没した「旧大川村役場」がダムの底から出現していました。本日、「早明浦ダム」、「大川村」周辺は、大勢のダム見学者でにぎわっていました。
大川村を過ぎて、すぐに右折。県道高知伊予三島線を約30分北上。大田尾根越え登山口より登る。頂上まで約80分。途中には、ブナの巨木が点在する。頂上の見晴らしは、梅雨空のためあまり良くなかった。
ブナの巨木の下で休憩。昼食をとり下山、約60分。

人気blogランキング クリックお願いします

大座礼山1

 ブナの巨木が点在する。秋の紅葉が素晴らしいとのこと。

大座礼山2

 「旧大川村役場」がダムの底から出現

大座礼山3

  
Posted by se1955 at 17:07Comments(5)TrackBack(1)

2005年05月27日

黒滝山

山登り日:2005.5.27 高知県大豊町 標高:1209.9m

本日休暇につき黒滝山に行ってきました。アプローチは国道32号線を大田口あたりまで行き、「薬師堂」の標識に従って北折し町道に入る。それからは、黒滝山の道標に従って進む。現在、この町道は工事中につき10分通行、50分待ちの状況につき注意を要する。林道奥大田三谷線を奥大田川に沿って約20分くらいで「明嘉(みょうが)登山口」に着く。4WD車であれば更に上流まで通行可能との看板により3kmほど上流の橋を越えたところの登山口まで行って登ることにした。駐車スペースはある。登山口より30分ほどは急勾配の斜面が続く。尾根を左折、そこからシャクナゲが群生していたので写真を撮りながら進む。30分ほど進むと4差路があり黒滝山の道標に従って頂上を目指す。潅木道を掻き分けながら30分ほどで頂上に着く。登山口より90分程度である。頂上の見晴らしは南側の見晴らしが良く、南に梶が森方面、西に笹ヶ峰方面の山々が眺望できる。20分ほど昼食休憩を取り下山。往路を引き返しているつもりが途中で道を間違えて、結局、復路も90分かかった。

人気blogランキング クリックお願いします
 
黒滝山 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャクナゲを見るには10日ほど遅かったようです。

黒滝山1
  
Posted by se1955 at 00:00Comments(0)TrackBack(2)

2005年05月24日

鉢ケ森

山登り日:2005.5.24 高知県香北町  標高:1270.3m


香北町美良布アンパンマンミュージアム手前を左折、物部川を渡って右折、谷相方面に向かう。途中にハーブ園STAGE谷相がある。以前来た時にハーブティー、ハーブパンなどを食べた記憶がある。ハーブもたくさん咲いてました。また、ちょうど田植え時期の棚田がありました。

人気blogランキング クリックお願いします

 ハーブ園谷相 棚田

 

 

 

 

 

北上し、谷相林道を進んでいると、突然灰色にくすんだ2階建ての異様な建物が現れた。

 無線中継所

 この松尾峠(1120m)にある正体不明のコンクリートの廃屋は何だろうと建物の周辺を探ってみたが、危険物XXのプレートがあったので危ないと思い中に入るのをやめた。後でわかったことですが、無線の中継所とのことでした。松尾峠からすぐのカーブ左手に登山口の標識があります。

 鉢ケ森登山口鉢ケ森白ツツジ

 

 

 

少し季節的には遅かったようですが、シャクナゲ、ツツジが咲いてました。途中には、苔むした登山道、名所「ゴトゴト岩」の河原など見所は沢山ある。

ゴトゴト岩

苔むした岩

 

 

 

 

約1時間で頂上に着く。頂上には大山祠神社が鎮座している。ここには安徳天皇が悪霊を鎮めるために兜の鉢を埋めたとの言い伝えがあり、それが山名の由来ともなっているそうです。

 鉢ケ森頂上鉢ケ森眺め

 

 

 

頂上からの展望は木々にさえぎられて良くない。食事を取って下山。ゴトゴト山経由で下山しようと道を探したがうまく見つけることができず、来た登山道を引き返した。途中、北側の展望の良いところで梶ケ森方面を撮影。

  
Posted by se1955 at 17:25Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月03日

白いアケボノツツジ

山登り日:2005.5.3 高知県土佐町

西門山/ 稲叢山 にアケボノツツジを見に行きました。絶好の天気でアケボノツツジを見に50〜60台の車がすでに駐車していました。
西門山に向かって登って行くと、下山の方が白いアケボノツツジが咲いているとのこと。ラッキー。15分ほど登ると白いアケボノツツジが1本だけですが咲いてました。
人気blogランキング クリックお願いします

白あけぼの2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アケボノツツジは、今が見頃でした。


赤あけぼの1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気が良く、石鎚山をはじめ四国山地の山々が一望できました。

  山々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道に、「あめがえりの滝」に寄ってきました。ここも、新緑、つつじの花、清流と

今の時期が一番素晴らしい。

 あめがえりの滝

  
Posted by se1955 at 15:56Comments(2)TrackBack(0)

2005年04月29日

東光森山/アケボノツツジ

山登り日:2005.4.29 高知県大川村 標高:1486.1m

アケボノツツジを見に行きました。東光森山では白いアケボノツツジが見られるということをガイドブックに書いてましたので、どうせなら白いアケボノツツジを見てみたいと思って出かけました。
大勢の方が来ていました。皆さんとお話をしてみると、みんな考えることは同じようです。白いアケボノツツジを見に来ていました。
登山口から中腹あたりまで(標高1150m〜1300mあたり)は、アケボノ色の花がボツボツ咲いてましたが、頂上付近では蕾の状態でした。あと1週間後くらいが見頃のようです。白いアケボノツツジも見ることができませんでした。残念。。。
登山口から頂上まで、約90分。急勾配のところもあり、結構ハードな山登りでしたが、道の左右にアケボノツツジが見え隠れして疲れを癒してくれる。
頂上で、昼食をとり休憩20分。写真を撮りながら下山。約2時間。
人気blogランキング クリックお願いします

   アケボノツツジ1    アケボノツツジ2    アケボノツツジ3    アケボノツツジ4
8251381a.JPG
  
Posted by se1955 at 17:20Comments(2)TrackBack(0)

2005年04月16日

寒風山

山登り日:2005.4.16 高知県本川村 標高:1763m

良い天気でしたので、朝8時40分頃から本川村方面に行ってみました。寒風山トンネルまで行って、寒風山に登ることに決めました。10時45分山登りスタート。天気良し。気温良し。絶好の山登り日でした。
山登り途中の木々は、まだ、つぼみの状態であと1ケ月経てば素晴らしい新緑と、花々が見られると思います。12時15分に寒風山頂上に到着。
気候が良いので20人前後の方が登ってました。
北には瀬戸内海、笹ヶ峰、東には冠山、平家平、南には伊予富士、瓶ケ森、石鎚山等の山々が見渡せました。
次回は、ここから笹ヶ峰に行こうと思っています。
頂上で30分ほど、休憩、昼食を取って下山しました。

人気blogランキング クリックお願いします

   登山口    笹ヶ峰方面    伊予富士方面    まんさくの花    つつじの花
8251381a.JPG
  
Posted by se1955 at 17:02Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月21日

三辻山

山登り日:2005.3.21 高知県土佐郡土佐町 標高:1108.1m

ひさびさに三辻山に登ってきました。絶好の天気。陽気に誘われて蝶々が飛んでたり。杉の木がたっぷりと花粉を溜めて風が吹くのを待ってたりしてました。山の頂上でもすっかりと春の準備ができてました。
人気blogランキング クリックお願いします

a85ae049.JPG  
Posted by se1955 at 16:57Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月05日

五台山

山登り日:2005.2.5 高知県高知市 標高:139m

高知インターチェンジを降りて20分くらい。
南に見えるテレビ塔がある山です。
五台山は西暦724年、僧行基が竹林寺を建立するまでは、
大島と呼ばれまわりを海に囲まれた無人島だったそうです。
五台山の名前は、中国の聖地五台山にその姿が似ていること
に由来するそうです。見所は沢山あります。
〇郵馮十八ケ所31番札所 竹林寺
高知県出身で初の内閣総理大臣 濱口雄幸先生の碑 最近のニュース
9眞慮が生んだ世界的植物学者牧野富太郎博士を記念して昭和33年に開園した牧野植物園
す眞了堝發療庫召眩農欧蕕靴い任后
人気blogランキング クリックお願いします

   高知市内   牧野富太郎博士    牧野植物園のラン    竹林寺
0c79b5e5.jpg  
Posted by se1955 at 16:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月30日

奥工石山

山登り日:2002.12.14 高知県大豊/本山町 標高:1516m伊予富士で見た樹氷が素晴らしかったので、樹氷を見に奥工石山に行ってきた時のものです。積雪10〜20cm位。


2fb958e2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  
Posted by se1955 at 15:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月10日

鎌滝山

山登り日:2005.1.10 高知県土佐町 標高:1115.8m久しぶりに冬山に行きました。積雪10cm。約2時間かかって頂上へ。絶好の天気で頂上の展望も素晴らしい。眼下には、早明浦湖、早明浦ダムが見えます。頂上で、お湯を沸かしてカップラーメンを食すが、高度の高いところでは低温で沸騰してしまい、3分待っても十分柔らかくならず硬いまま食べた。途中の尾根道には、シャクナゲが群生しており、次回は5月中旬に来ようと思う。(右下に見えるのが早明浦ダム)鎌滝山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌滝山1

  
Posted by se1955 at 16:43Comments(2)TrackBack(0)

2005年01月07日

伊予富士

山登り日:2002.11.28 高知県本川村 標高:1756m

村道瓶ケ森線がもうすぐクローズされるので、今年最後と思い、
伊予富士に行ってみました。
道路は少し凍結したところもありましたが、絶好の天候に恵まれ、
初めて樹氷を見ることができました。伊予富士の少し手前で、
寒風山方面をバックに撮りましたが、見事な樹氷でした。
人気blogランキング クリックお願いします
   登山口    山頂を望む    樹氷    山頂    34f08918.JPG
  
Posted by se1955 at 23:08Comments(0)TrackBack(0)